新型コロナウイルスの変異型が流行
し4/20~1都10府県の指定された
都市において、まん延防止等重点措
置が5/11まで取られることになり
ました。

飲食店の営業時間を午後9時までと
し企業規模に応じて協力金が支給さ
れるとのことの様です。

政府はゴールデンウイークにおける
感染拡大防止を図る為に、このよう
な措置を取りました。また、在宅勤
務やテレワーク、時差通勤等を要請
しています。

警備業においては今までさほど影
響が出ていなかった様ですが、
今後はどうなるか予想がつきませ
ん。現状、経済が回っていませんの
で、各企業においても収益が大幅
に悪化しています。

当然、国の予算も税収が上がらず
国債を発行して帳尻を合わせるし
か方法がありません。
先行き不安な中でも何とか仕事を
受注したい企業が増えてきています

警備会社にとっては3月の年度末が
終わって一段落し、特に交通誘警備
導業務を主体としている警備会社で
は警備員がだぶついてきているよう
です。

警備員.JPのサイトにも警備会社から
の問い合わせや会員仮登録の申し込
みが増えてきています。またネット
上では自社のホームページをPRの
為に有料広告掲載している会社も
何社も出て来ている状況です。

これらは新型コロナウイルスの影響
で思うような営業活動が出来てい
ない現れでしょう。警備業は地域性
がありその地域の中で営業活動する
のが一般的です。

営業活動とは営業員による営業と
警備員が警備業務を実施すること
の二つを言います。警備員は遠方の
勤務先を好まず、自宅から30分程
度の範囲にとどまる傾向にあります
これは警備員に限らず、誰にでも言
えることではないでしょうか。

従って営業員の営業範囲も自ずと
狭い地域になってしまいます。
そういう点ではネットによる営業活
動やお客様と警備会社をつなぐ警
備員.JPに見られるような地域・職種
を指定して警備員を頼み受注する方
法は、まさに現代の営業活動と言え
ましょう。

警備を依頼したいお客様は無限にい
ます。しかしそのお客様を探すのは
無理なことです。

警備依頼したいお客様がいつ、どこ
で、どんな職種の警備を、どの位の
予算で依頼したいか登録し、探しだ
すにはいとも簡単に出来る仕組みに
なっています。販売促進を考えてい
る警備会社にとっては、とても良い
受注のしくみになっています。

ただ、今まで大手企業を除いては
販売促進なんて考えたことも無い
ことでしょう。特に中小零細企業で
は警備員不足が顕著になっている
のが現状ですが、今後、今までと同
様に国県市町村の予算が執行され
る保証はどこにもありません。

ホームページを持たない警備会社に
とっては、自社のPRと捉えてみては
いかがでしょうか?